銀行にお金を借りるには電話の在籍確認は避けられない?

銀行にお金を借りるには、避けては通れないことがあります。それが審査を受けるということです。審査は申込者の年収や他社借入件数や金額、信用情報機関への登録状況などが調べられますが、そのほかに在籍確認というものが行われます。この在籍確認は申込者が申告した勤務先に在籍の事実があるかどうかということを調べるために行われます。通常は、電話での在籍確認が行われます。しかし、中には職場への電話連絡を避けたいと感じている人も多いのでは無いでしょうか。銀行にお金を借りるには、在籍確認は避けては通れませんが、通常電話連絡で銀行名が名乗られるということはありません。通常は担当者名での連絡となりますし、申込者本人がその場にいなくても構いませんので、銀行のローンを利用しようとしているということがバレるということはありません。また、銀行によっては融通をきかせてくれるところもあります。電話連絡が来る時間帯などをあらかじめ指定することが出来る場合もありますので、まずは相談してみると良いかもしれません。
なお、もし在籍確認を行うことが出来なかった場合には、どうなるのかというと、申し込みが虚偽であったと判断されるため、信用度が低下するため、融資を受けることは出来ない可能性が高くなります。これは、電話番号が間違っていた時も同様です。そのため、申込をする際には、電話番号に間違いが無いかどうかをしっかりと確認することが大切になります。
お金を借りる方法って?│最短で融資を受けるにはこの方法!はこちら